生ジョッキ缶の泡が上手に出るコツはある?価格やどこで買えるか調査!

nmajokkikann-awa

まるで居酒屋さんでジョッキで飲む感覚のビールが発売されましたね。。

その名も「生ジョッキ缶」

 

仕事終わりに家でクリーミーな泡で乾杯出来たら最高ですよね。。

しかし、なぜ缶を開けたら泡がでるんだろう・・?って思いませんか?

今回はそのクリーミーな泡がでる仕組み、上手にでるコツや気になる価格や味を調査してみました。

 

最後までみてくれると嬉しいです。。

 

生ジョッキ缶はどこで買える?

 

販売されると一瞬で売り切れになる「生ジョッキ缶」ですが、どこで買えるのか気になりますよね?

スーパーに買い物に行っていたら、たまたま見つけて運よく帰る人もいるようですが。。

 

今回はネットで買える方法を調べてみました。

さて価格の方ですが、ネットですとAmazonか楽天に売られていました。

 

Amazonで購入のかたはこちらから

24缶入りで、1缶あたり約416円です。

 

 

【楽天で購入の方はこちらから】

 

340ml×24缶入りで、10900円、1本当たり454円です。

 

 

MEMO
Amazonも楽天も価格が変更されている場合がありますので、確認してくださいね

美味しくて飲みやすいからといって、飲みすぎにはご注意くださいね。

 

生ジョッキ缶の泡が上手に出るコツをご紹介

 

nmajokkikann-awa
引用元:https://dime.jp/genre/1111670/

 

お家でビール缶をあけ、居酒屋で飲むようなクリーミーな泡を楽しめる「生ジョッキ缶」

上手く泡がでなくて残念っていう声もありますが、どうやらちょっとしたコツがあるようなので調査しました。

 

「缶の中では炭酸ガスがビールに溶け込んでいます。炭酸ガスは液温が低いと液体中に溶け込みやすく、高いと溶け込みにくい性質があります。また、圧力が高いほど液体中に溶け込みやすくなり、圧力が解放されると液体から抜けやすくなります。この性質を利用して缶を開けてガス圧が解放される時に、缶の内側に特別な塗料を使用してコーティングした凹凸がアシストする形で泡がつくられる仕組みになっています」
引用元はこちら!

 

MEMO
一番クリーミーな泡が出る温度は、4~8℃だそうなので、冷蔵庫で冷やしてから飲むのがおすすめです

 

良く冷えた状態での、「生ジョッキ缶」のクリーミーな泡の状態を動画でどうぞ。。

 

 

どうですか?これが自宅やお出かけ先でも飲めたら・・・最高ですよねww

 

しかし、かなりの人気のようで味や価格も気になる方も多いかと思うので、調査しました。

 

生ジョッキ缶の価格や味はどんな?

 

それでは、自宅やお出かけ先でも居酒屋さんみたいな生ビールが飲める「生ジョッキ缶」

価格や味も調査してみました。

 

 

 

コンビニで先行発売したようですが、あまりの人気に出荷停止状態に。。

味はクリーミーなきめ細やかな中にも苦みがあり、とても飲みやすいとの事です。。ビール好きにはたまりませんねww

 

 

あまりの人気でSNSでも反響が凄いようなので、声を聞いてみました。

 

 

 

 

このようにすごい反響のようなので、ビール好きで仕事終わりの一杯が好きな方にはおすすめですねww

是非一度、機会があれば飲んでみてくださいねww

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.